それぞれのヒノキビール、それぞれの醸し方

静岡で行われた間伐体験の後、各ブルワリーは持ち帰った間伐ヒノキチップをそれぞれのビールに使用しました。

同じ素材を使っても、醸造所によってヒノキを使う量や使用工程、スタイルがまったく異なり、各ブルワリーそれぞれ自由で特色のある多様なヒノキビールがリリースされました。これはローカルブルワリーならではの面白さだと感じています。

そしてこのビールを飲んでいた方々に、少しでも森のことを知り、考えてもらう機会ができたことに本当に嬉しく思っています。

■各醸造所のヒノキビール (五十音順)

醸造所名前スタイルABVIBU
アオイブリューイングBrewing for Futureブラウンエール6.5%22
イナヅマビールThinning’s PALE ALEペールエール4.1%17.4
カンパイ!ブルーイングひのき坂アンバーアンバーエール5.0%36
クランクビールサイプレス板橋IPA6.0%62
すいけんブルワリー富士宮ヒノキブロンドブロンドエール7.6%
フジヤマハンターズビールYOKIラガー5.0%30
ライオットビールヒノキポーターポーター4.0%20
        
ひのきビール
各ブルワリーそれぞれの自由で、特色のある、様々な木こりのビール。

ひのきビールの作り方

また、このヒノキビール達の一つ「サイプレス板橋」のレシピは、東京・板橋のクランクビールさんのご好意により本記事で公開してくださることとなりました。

ブルワリーにとってとても大切なビールレシピを公開して頂いたクランクビールさんに感謝すると共に、このオープンレシピを通じて、少しでもヒノキを使ったビール、そして間伐について知って頂ける人が増えれば幸いです。

液種:サイプレス板橋

スタイル:IPA

バッチサイズ:220L (目安)

■モルトビル

種類 English Name SRM 割合
46kg ペール・モルト Pale Malt 4.0 63.9%
13kg ライ・モルト Rye Malt 3.0 18.1%
5.8kg メラノイジン・モルト Melanoidin Malt 30.0 8.1%
3.6kg カラ・モルト  Cara Malt 17.5 5.0%
3.6kg クリスタル・ライト 45L Cristal Light 45L 45.0 5.0%
            

■ホップスケジュール

種類 English Name 工程 時間
300g コロンブス Columbus ファーストウォート
200g モザイク Mosaic ボイル 10min
300g シトラ Citra ワールプール (75℃) & 静置 20min & 20min
150g モザイク Mosaic ワールプール (75℃) & 静置 20min & 20min
150g シムコー Simcoe ワールプール (75℃) & 静置 20min & 20min
150g モザイク Mosaic ドライホップ 14days
150g シムコー Simcoe ドライホップ 14days
150g シトラ Citra ドライホップ 10days
300g シトラ Citra ドライホップ 7days
150g モザイク Mosaic ドライホップ 7days
150g シムコー Simcoe ドライホップ 7days
500g ひのきチップ Cypress chips ドライホップ 3days
            

■酵母

キュベイク ( Hornindal Kveik OYL-091 – Omega Yeast Labs )

※設計時レシピのため、各工程での様々な調整変更により最終出来上がりとは厳密には異なります。目安・ご参考としてご留意下さい。

サイプレス板橋クランクビール
クランクビールのサイプレス板橋。ライ麦モルトを使いキュベイク酵母で醸したIPAに、ヒノキチップを使用した香り高いビール。

楽しみながら自然を知るビアキャンプフェス

そしてこの2019年11月には各ブルワリーが醸したこのヒノキビール達が集結するキャンプイベントを、静岡・富士宮にて開催する予定です。静岡新聞さんにもこの取り組みを取り上げて頂きました。

次回の記事にて、当日の様子をお伝えします。お楽しみに!

静岡新聞 富士川ビアキャンプ
静岡新聞さんにBrewing for Natureの取り組みを取り上げて頂きました。